パリSG、カバーニの2戦連発弾などで快勝 昇格組ディジョンを撃破

パリSG、カバーニの2戦連発弾などで快勝 昇格組ディジョンを撃破

チーム3点目を祝うパリ・サンジェルマンの選手ら [写真]=Getty Images

 リーグ・アン第6節が20日に行われ、パリ・サンジェルマンとディジョンが対戦した。

 前節、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニの4ゴールなどで大勝を収めた王者パリ・サンジェルマン。今節は、ホームに昇格組のディジョンを迎えて、連勝を狙う。スタメンにはカバーニのほか、ブラジル代表DFチアゴ・シウヴァ、アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアなどを並べた。

 試合開始から15分、意外な形で先制点が生まれる。左サイドを駆け上がったパリ・サンジェルマンのマクスウェルがハビエル・パストーレからの縦パスを受け、クロスを供給。するとこれがDFに当たってコースが変わると、GKバプティスト・レネは反応しきれず。ボールはそのままゴールへ吸い込まれた。

 勢いに乗るパリ・サンジェルマンは26分、エリア右でドリブルを仕掛けたアドリアン・ラビオがジョルダン・ロティエのスライディングを受け、PKを獲得。このチャンスでキッカーを務めたカバーニが、ゴール左下へ蹴りこみ、追加点を挙げる。

 2点を追うディジョンは34分、エリア付近をパスワークで崩し、メフディ・アベイドが右足でミドルシュート。しかしこれはクロスバーに直撃し、得点には至らなかった。2−0のままハーフタイムを迎える。

 後半に入ってもパリ・サンジェルマンのペースは変わらない。すると67分、左サイドのマクスウェルから丁寧なクロスが上がると、エリア内に走りこんだルーカス・モウラが頭で叩き込み、リードを広げた。

 その後もディジョンを圧倒するパリ・サンジェルマン。78分にはプレスネル・キンペンベがヘディングシュートを放つ。しかしこれはネットを揺らすことができなかった。

 それでも、最後までディジョンの攻撃を抑えたパリ・サンジェルマンが3−0で勝利。連勝を飾り、リーグ通算成績を4勝1分け1敗とした。

 次節、パリ・サンジェルマンは敵地でトゥールーズと、ディジョンはホームでレンヌと対戦する。

【スコア】
パリ・サンジェルマン 3−0 ディジョン

【得点者】
1−0 15分 OG(アダム・ラング)(パリ・サンジェルマン)
2−0 27分 エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)
3−0 67分 ルーカス・モウラ(パリ・サンジェルマン)

関連記事(外部サイト)