大津が貴重な勝ち点3を獲得、“大阪ダービー”はG大阪ユースに軍配/高円宮杯プレミアリーグWEST第13節

大津が貴重な勝ち点3を獲得、“大阪ダービー”はG大阪ユースに軍配/高円宮杯プレミアリーグWEST第13節

3発快勝の大津が勝ち点3を積み上げ、7位に浮上した [写真]=JFAnews/SMD

 高円宮杯U−18サッカーリーグ2016プレミアリーグWEST第13節が17日から19日にかけて行われた。

 8位大津と10位大分トリニータU−18の一戦は、17分に杉山直宏が得点を決めて大津が先制する。「どんどんシュートを打っていこうと言われていた」(杉山)と狙いどおりの得点だったことを明かした。さらに、45分に藤山雄生、66分に田中匠のゴールでリードを広げ、大津が3−0で勝利。勝ち点を「12」に伸ばし、7位に浮上した。

 ガンバ大阪ユースとセレッソ大阪U−18の“大阪ダービー”は、点の取り合いとなる。両チームが2点ずつを決めて迎えた後半アディショナルタイム、松本歩夢が決勝点を記録。G大阪ユースが3−2でダービーマッチを制した。

 名古屋グランパスU18と対戦した首位サンフレッチェ広島F.Cユースは、3−2で勝利して首位をキープしている。また、東福岡高校は神戸弘陵学園高校と1−1の引き分けに終わったものの、順位を一つ上げて2位につける。

 ヴィッセル神戸U−18は上田駿斗の得点を守り切り、京都サンガF.C. U−18に1−0の完封勝利を収めた。

 プレミアリーグWEST第13節の結果は以下のとおり。

■プレミアリーグWEST第13節
東福岡 1−1 神戸弘陵学園
神戸U−18 1−0 京都U−18
大津 3−0 大分U−18
G大阪ユース 3−2 C大阪U−18
広島ユース 3−2 名古屋U18

■プレミアリーグWEST順位表(第13節終了時点)
1位 広島ユース(勝点32/得失点差16)
2位 東福岡(勝点27/得失点差9)
3位 C大阪U−18(勝点26/得失点差14)
4位 神戸U−18(勝点25/得失点差7)
5位 G大阪ユース(勝点22/得失点差3)
6位 京都U−18(勝点12/得失点差−6)
7位 大津(勝点12/得失点差−9)
8位 神戸弘陵(勝点10/得失点差−13)
9位 名古屋U18(勝点9/得失点差−6)
10位 大分U−18(勝点8/得失点差−15)

関連記事(外部サイト)