アトレティコ戦負傷退場のメッシ、右足肉離れと診断 3週間の戦線離脱

アトレティコ戦負傷退場のメッシ、右足肉離れと診断 3週間の戦線離脱

アトレティコ・マドリード戦で負傷したメッシ [写真]=Getty Images

 バルセロナは22日、クラブに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがケガのために3週間戦列を離れると発表した。

 21日に行われたリーガ・エスパニョーラ第5節のアトレティコ・マドリード戦に先発出場したメッシ。試合序盤からシュートを放つなど、同試合でもバルセロナの攻撃をけん引したメッシだが、1点リードして迎えた58分に右足を負傷。内転筋付近を痛めてプレー続行不可能となり、トルコ代表MFアルダ・トゥランとの交代を余儀なくされた。

 クラブによると、メッシは右足のそけい部を負傷していた模様。肉離れのために3週間戦線離脱と発表された。これにより、24日に行われるリーグ第6節のスポルティング・ヒホン戦、28日に行われるチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節のボルシアMG戦、10月2日に行われるリーグ第7節のセルタ戦は同選手を欠いて臨むことになるとしている。

関連記事(外部サイト)