スアレス、アトレティコDFのSNS投稿に反発「ピッチ内にとどめるべき」

スアレス、アトレティコDFのSNS投稿に反発「ピッチ内にとどめるべき」

フィリペ・ルイスに反論を残したバルセロナFWスアレス [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第5節が21日に行われ、バルセロナはアトレティコ・マドリードと対戦し、1−1で引き分けた。試合後、同クラブに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、アトレティコ・マドリードのブラジル代表DFフィリペ・ルイスに反論を残した。大手メディア『ESPN』が同日に伝えている。

 同試合に先発出場を果たした2名は83分、スアレスがタックルを仕掛けたことで交錯。同選手にはイエローカードが提示されていた。

 すると試合終了後、F・ルイスは自身の公式インスタグラムに写真を投稿。スアレスにタックルを受け、血が流れる右足の甲を写した痛々しい画像を発信した。

 同メディアによると、このSNSでの投稿に対してスアレスが反発。「サッカーは男たちのもの。すべてのことはピッチ内にとどめるべきだ。もしみんなが起きたことを(SNSに)アップロードするようになれば、試合はサーカスのようになってしまう」とコメントし、F・ルイスの行動を非難した。

関連記事(外部サイト)