強さを示すCL出場組 約3割が今季無敗維持、公式戦全勝の2クラブは?

強さを示すCL出場組 約3割が今季無敗維持、公式戦全勝の2クラブは?

今季の公式戦無敗を維持しているコペンハーゲンとバーゼル、全勝中のマンCとバイエルン(左から) [写真]=Getty Images

 13日に開幕を迎えたチャンピオンズリーグ(CL)は27日、28日にグループステージ第2節を控えている。今シーズンはまだ始まったばかりとはいえ、CL出場32クラブは各国リーグで強さを誇示しているようだ。UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』が伝えている。

 同HPによると、9月22日時点で今シーズンの公式戦無敗をキープしているCL出場クラブは9つ(全32クラブ中、約28パーセントに相当)となっている。最も多くの試合を消化しているのはコペンハーゲン(デンマーク)で、17試合を終えて10勝7分けと安定した成績を残している。CLグループステージ第1節ではポルト(ポルトガル)とのアウェーゲームを1−1の引き分けで乗り切った。

 また、バーゼル(スイス)は11試合を終えて10勝1分け。国内リーグ戦では第8節終了時点で全勝と、盤石の強さを誇っている。同クラブはスイス・スーパーリーグ7連覇中。今シーズンも好スタートを切った。

 そして『UEFA.com』によれば、現時点で公式戦全勝を達成しているクラブが2つある。1つはマンチェスター・Cで、プレミアリーグ5試合とCLプレーオフの2試合、そしてCLグループステージ第1節、フットボールリーグ・カップ(EFLカップ)3回戦の計9試合を全て制している。そしてもう1つはバイエルン。ブンデスリーガ5連覇を目指す同クラブは、同リーグ開幕4連勝に加えて、DFBポカール1回戦とCLグループステージ第1節、そしてドイツ・スーパーカップの計7試合を全勝で駆け抜けている。

 上記4クラブ以外にも、レアル・マドリードとアトレティコ・マドリード(ともにスペイン)、ベンフィカ(ポルトガル)、ナポリ(イタリア)、ベシクタシュ(トルコ)が公式戦無敗をキープしている。まさに“チャンピオンズ”リーグに相応しい強さを示している各クラブ。今後の試合結果にも注目だ。

 9月22日時点で今シーズンの公式戦無敗を維持しているCL出場クラブは以下のとおり。

▼17試合
コペンハーゲン(デンマーク)10勝7分け

▼11試合
バーゼル(スイス)10勝1分け

▼9試合
マンチェスター・C(イングランド)9勝

▼7試合
バイエルン(ドイツ)7勝
レアル・マドリード(スペイン)6勝1分け
ベンフィカ(ポルトガル)5勝2分け

▼6試合
ナポリ(イタリア)4勝2分け
アトレティコ・マドリード(スペイン)3勝3分け
ベシクタシュ(トルコ)3勝3分け

関連記事(外部サイト)