ついにこの時が! 2000年生まれの16歳MF、欧州5大リーグでデビュー

ついにこの時が! 2000年生まれの16歳MF、欧州5大リーグでデビュー

16歳でリーグ・アンデビューを飾ったヴァンサン・ティル [写真]=Icon Sport via Getty Images

 2000年と言えば、シドニー・オリンピックやユーロ2000が行われた年だが、そんな2000年に誕生した選手がついに欧州5大リーグの舞台でデビューを果たした。

 その名はルクセンブルク代表MFヴァンサン・ティル。

 2000年2月4日生まれで、GK川島永嗣が所属しているリーグ・アンのFCメスでプレーする16歳だ。

 すでにルクセンブルク代表にも招集され、なんとゴールまで決めているティル。将来を嘱望されるタレントであるのだが、22日に行われたリーグ・アン第6節のボルドー戦でついにトップチームデビューを飾った。

 0−3と大量リードを許した82分、メヴリュト・エルディングとの交代でピッチに入ったティル。

 メスの公式サイトによれば、2000年生まれの選手が欧州5大リーグでプレーするのはこれが初めてのこと。

 ヨーロッパでは10代の選手がプレーするのはそれほど珍しいことではないが、16歳で出場の機会を手にするのは容易なことではない。そして、2000年当時からサッカーを見ているファンからすれば「ついにこの時が…」といった感じだろう。

 なお、先日Jリーグで2種登録されたFC東京のU−16日本代表FW久保建英は2001年6月4日生まれの15歳だ。

(記事提供;Qoly)

関連記事(外部サイト)