連勝ストップのレアル、“台風の目”ラス・パルマスと上位対決/リーガプレビュー

連勝ストップのレアル、“台風の目”ラス・パルマスと上位対決/リーガプレビュー

前節、連勝が16でストップしたレアル・マドリード。今節はアウェーでラス・パルマスと対戦する [写真]=Real Madrid via Getty Images

 現在4勝1分で首位に立つレアル・マドリードは、前節ホームでビジャレアルとドロー(1−1)に終わり、昨シーズン途中から続いていたリーグ戦での連勝が16試合で止まると同時に新記録達成に失敗した。

 アウェーに移って仕切り直しを図る今節は、前節負傷退場したDFマルセロと故障中のDFファビオ・コエントランを欠くため、本職がいなくなった左サイドバックにはDFナチョ・フェルナンデスが入ると見込まれている。また、中盤では前節休養を与えられたMFルカ・モドリッチがスタメンに戻る一方、故障が発覚したMFカゼミーロは今節も欠場となる。

 これに対し、現在3勝2敗で5位のラス・パルマスは前節、アウェーでレアル・ソシエダに大敗(1−4)を喫した。ホームに戻って立て直しを目指す今節は、出場停止のMFケヴィン・プリンス・ボアテングが欠場するため、攻撃力の低下が懸念されている。とはいえ、前節負傷したDFペドロ・ビガスおよびDFマウリシオ・レモスの両センターバックの出場が回復次第となっている方が不安材料となっており、2人とも欠場した場合は守備陣が緊急事態となる。

 今シーズン、ここまで国内外の大会でほぼ完璧な成績を残しているレアル・マドリードだが、内容面で注文が付けられる試合も少なくない。今節はFWクリスティアーノ・ロナウド、FWカリム・ベンゼマ、MFギャレス・ベイルの“BBCトリオ”が珍しく2試合連続でスタメンとして揃い踏みできそうなので、文句の無い形で勝利を手にしたい。

 一方、開幕から台風の目となっているラス・パルマスは、前節は過度なローテーションが裏目に出て黒星を喫したものの、ここまで殆どの試合で相手を内容で上回っている。それだけに、攻撃的なスタイルがレアル・マドリードにどこまで通用するか楽しみだ。

 試合は日本時間24日27時45分キックオフ予定。

関連記事(外部サイト)