レアルの守護神はどちらに ジダン監督はローテーション実施を示唆

レアルの守護神はどちらに ジダン監督はローテーション実施を示唆

23日、トレーニングで汗を流すK・ナバス [写真]=Real Madrid via Getty Images

 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が、コスタリカ代表GKケイロル・ナバスの復帰についてコメントした。23日付けのスペイン紙「マルカ」が伝えている。

 負傷により開幕から戦列を離れてきたK・ナバスの復帰が近づいているレアル・マドリード。一方でその間ゴールマウスを守ってきたスペイン代表GKキコ・カシージャも好パフォーマンスを披露しており、ジダン監督が守護神の座をどちらに与えるのか注目が集まっている。

 24日に行われるラス・パルマス戦の招集メンバーにはK・ナバスの名前も記載されており、早ければ同試合で復帰を果たすことになる。復帰時期について明言を避けているジダン監督は「ケイロルは重要なゴールキーパー」と同選手を称した上で、「私にとっては、フィールドプレイヤーと同様に、ゴールでもローテーションが存在している」とコメントし、カシージャと交互に起用する可能性を示唆した。

 レアル・マドリードは21日にビジャレアルと引き分け、リーガ・エスパニョーラでの連勝記録が16でストップしたばかり。仕切り直しの一戦となる次節は24日、アウェーでラス・パルマスと対戦する。

関連記事(外部サイト)