セビージャ、ナスリの移籍後初弾も実らず今季初黒星 清武は2戦連続出番なし

 リーガ・エスパニョーラ第6節が24日に行われ、アスレティック・ビルバオと日本代表MF清武弘嗣の所属するセビージャが対戦した。清武は2試合連続でベンチスタートとなった。

 ここまで3勝2分の無敗で2位につけるセビージャ。今節は3連勝中と好調なビルバオのホームに乗り込んでの一戦となった。セビージャは2014−15シーズンの最終節で勝利して以来、敵地でのリーグ戦で勝てておらず、22試合ぶりのアウェー戦白星を狙う。

 試合は26分、攻勢に出ていたビルバオの先制で動く。右CKから、グラウンダーのパスを受けたオスカル・デ・マルコスがペナルティエリア内右から右足シュート。これは相手DFのブロックに阻まれるが、ゴール前でフリーとなったミケル・サン・ホセがこぼれ球を押し込み、先制ゴールを奪った。前半はこのままスコアが動かず、ビルバオの1点リードで終了した。

 後半の55分、セビージャが試合を降り出しに戻す。サミル・ナスリのスルーパスで、パブロ・サラビアがエリア内右に抜け出し、深い位置から折り返し。これは相手GKが反応するが、そのままゴール前まで走り込んだナスリがこぼれ球を押し込み、移籍後初ゴールで1−1の同点とした。

 セビージャは59分、負傷したホアキン・コレアを下げてビトーロを投入。62分には、カルロス・フェルナンデスに代えてフランコ・バスケスを送り出した。

 しかし66分、勝ち越しに成功したのはビルバオだった。高い位置でボールを奪ったミケル・バレンシアガが、自ら相手選手をかわしてエリア内左に進入。そのまま左足を振り抜いて、シュートをゴール右隅に突き刺した。

 再びリードを許したセビージャは69分、ニコラス・パレハを下げてルシアーノ・ビエットを投入。交代枠を使い切り、清武は2試合連続で出番なしとなった。

 追い付きたいセビージャだったが、88分にGKサルヴァトーレ・シリグがエリア内で競り合ったアリツ・アドゥリスの背中に肘打ちをし、レッドカードで一発退場。90分、献上したPKでは、交代枠を使い切っていたため、MFビセンテ・イボーラがGKを務めるが、アドゥリスに落ち着いてゴール右隅に決められ、リードを2点に広げられた。

 試合はこのまま終了し、セビージャは1−3で敗戦。今シーズンのリーグ戦初黒星で、アウェー戦22試合未勝利となった。

 セビージャは27日にホームで行われるチャンピオンズリーグ・グループステージ第2節でリヨンと対戦。リーグ戦次節は、10月1日にアラベスをホームに迎える。

 一方のビルバオは29日にホームで行われるヨーロッパリーグ・グループステージ第2節でラピッド・ウィーンと対戦。リーグ戦次節は、10月2日にマラガとのアウェーゲームに臨む。

【スコア】
アスレティック・ビルバオ 3−1 セビージャ

【得点者】
1−0 26分 ミケル・サン・ホセ(ビルバオ)
1−1 55分 サミル・ナスリ(セビージャ)
2−1 66分 ミケル・バレンシアガ(ビルバオ)
3−1 90分 アリツ・アドゥリス(PK)(ビルバオ)

関連記事(外部サイト)