フランクフルト戦を振り返るヘルタ原口「後半は仕事ができなかった」

フランクフルト戦を振り返るヘルタ原口「後半は仕事ができなかった」

フランクフルト戦で5試合連続の先発フル出場を果たした原口

9月24日のブンデスリーガ第5節、原口元気所属のヘルタ・ベルリンは敵地でアイントラハト・フランクフルトと対戦して3−3で引き分けた。この試合で先発フル出場を果たした原口が試合後にコメントを残した。

――残念な結末に終わりました。

原口 いやあ、残念ですね。

――激しい点の取り合いになりましたね。

原口 うーん……正直、後半は左サイドに全然ボールこなかったので、僕はあまり仕事することがなかったですけど。多分、ブルックスがいないと(左サイドにボールが)入ってこないのかもしれないですね。全然縦パスが入ってこないので、全部右からになって……まあ、仕方がないですね。

――序盤はフランクフルトがボールを回し、ヘルタはしっかりと守備を固めました。そういうゲームプランだったのでしょうか?

原口 いや、前から(ボールを奪いに)行くつもりでしたけど、けっこうフランクフルトがボールを回してきてたので。まあ勢いもありましたし、様子を見ながらという感じでした。

――前半の原口選手はドリブルで仕掛けたり、調子は良さそうに見えました。

原口 落ち着いてプレーできてましたし、後半はボールがこない中でも、自分のやるべきことはやろうと思っていました。(ボールが良い形で入る場面が)1本あればいいなとは思っていましたけど、なかったので……。

関連記事(外部サイト)