バイエルンが5連勝、ドルトも3連勝で追走 フランクとヘルタの上位対決はドロー/ブンデス第5節

バイエルンが5連勝、ドルトも3連勝で追走 フランクとヘルタの上位対決はドロー/ブンデス第5節

(上段左から時計回りに)バイエルン、ドルトドルト、フランクフルト、ヘルタ・ベルリン [写真]=Getty Images,Borussia Dortmund/Getty Images,City-Press via Getty Images,Bundesliga/DFL via Getty Images

 ブンデスリーガ第5節が23日と24日に行われた。

 4連勝で首位に立つバイエルンは敵地で日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVと対戦。0−0のまま試合終盤までもつれたが、88分にMFジョシュア・キミッヒが決勝ゴールを挙げ、開幕から続く連勝を「5」に伸ばした。なお、酒井はフル出場している。

 日本代表MF香川真司所属のドルトムントはホームでフライブルクと対戦。前半終了間際にエースのFWピエール・エメリク・オーバメヤンのゴールで先制すると、53分にはウカシュ・ピシュチェクが追加点をマーク。その後1点差に詰め寄られる苦しい展開となったが、後半アディショナルタイムにはラファエル・ゲレイロが決定的な3点目を決めて3−1で勝利。3連勝を飾り、バイエルンを追いかけている。なお、香川はベンチ入りしたものの、出場機会は訪れなかった。

 ともに3勝1敗と好調で迎えた日本代表MF長谷部誠所属のフランクフルトと同MF原口元気所属のヘルタ・ベルリンによる上位対決は、壮絶な打ち合いの末にドローに終わった。原口が先発したヘルタ・ベルリンがPKで先制したが、前半のうちにフランクフルトが逆転。後半に入ると、ヘルタ・ベルリンが58分、65分のゴールで再び試合をひっくり返したが、後半アディショナルタイム2分にフランクフルトが劇的な同点ゴールを奪い、3−3の引き分けに持ち込んだ。なお、原口はフル出場、長谷部は出番なしだった。

 日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツはホームでレヴァークーゼンと対戦。31分にFWユヌス・マリのゴールで先制したが、直後にFWハビエル・エルナンデスに同点ゴールを許してしまう。試合はその後、マインツが1点を勝ち越して前半を終えたが、66分と後半アディショナルタイムにJ・エルナンデスがゴール。ハットトリックを達成し、レヴァークーゼンが逆転勝利を収めている。

 そのほかの結果は以下の通り。

■ブンデスリーガ第5節
ドルトムント 3−1 フライブルク
マインツ 2−3 レヴァークーゼン
フランクフルト 3−3 ヘルタ・ベルリン
アウクスブルク 1−0 ダルムシュタット
ハンブルガーSV 0−1 バイエルン
ボルシアMG 2−0 インゴルシュタット
ブレーメン 2−1 ヴォルフスブルク
ホッフェンハイム vs シャルケ ※25日開催
ケルン vs ライプツィヒ ※25日開催

関連記事(外部サイト)