“泣きっ面に蜂”のエル・シャーラウィ 敗戦後に交通事故、ケガはなし

“泣きっ面に蜂”のエル・シャーラウィ 敗戦後に交通事故、ケガはなし

トリノ戦後に交通事故に遭ったと報じられたエル・シャーラウィ [写真]=NurPhoto via Getty Images

 ローマに所属するイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィが、25日に交通事故に遭っていたことが判明した。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 エル・シャーラウィは25日、セリエA第6節のトリノ戦で途中出場。2点ビハインドの71分からピッチに立ったが、ゴールを奪うことはできず。ローマは1−3で敗れ、今シーズン2敗目を喫した。

 ローマにとって良い日曜日とはならなかったが、エル・シャーラウィにはさらなる“災難”が待っていたようだ。報道によると18時30分頃、同選手が運転するアウディが乗用車と衝突。双方の車が大きなダメージを受けたようで、エル・シャーラウィの愛車は「事実上、全損状態となった」と伝えられている。相手の運転手は病院に搬送されたが、エル・シャーラウィは負傷していない模様。病院に向かうことなく、翌日のトレーニングにも問題なく参加すると報じられている。

 敗戦後に交通事故と、“泣きっ面に蜂”となってしまったエル・シャーラウィ。負傷がなかったことが不幸中の幸いだった。ローマは次戦、ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節でアストラをホームに迎え、10月2日にはセリエA第7節でインテルと対戦する。連戦の真っただ中、エル・シャーラウィは自らの活躍で嫌な流れを払拭できるだろうか。

関連記事(外部サイト)