横浜FM戦で途中交代 川崎GK新井章太、左頬骨骨折と脳震とうと診断

横浜FM戦で途中交代 川崎GK新井章太、左頬骨骨折と脳震とうと診断

横浜FM戦で負傷した川崎GK新井章太 [写真]=Getty Images

 川崎フロンターレは26日、GK新井章太が左頬骨骨折と脳震とうと診断されたことを発表した。

 新井は25日に行われた明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第13節の横浜F・マリノス戦に先発出場したが、69分に負傷交代を強いられた。同選手は49分、横浜FMのFKに反応してペナルティーエリア内でボールへ飛び込んだ際、密集の中で他の選手と交錯。後頭部から落下した形となり、しばらく倒れ込んでいた。治療を受けてプレーを再開したが、65分頃に再び倒れ込み、交代となった。

 なお、同クラブは新井について、フェイスガードなどの装具を使用し、コンディションの様子を見ながらトレーニングに参加していく予定と発表している。

 新井は1988年生まれの27歳。国士舘大学から2011年に東京ヴェルディに加入し、2013年から川崎でプレーしている。今シーズンはファーストステージ1試合に出場。セカンドステージは横浜FM戦が初出場だったが、負傷交代を強いられることとなった。

 セカンドステージは2位、年間勝ち点では首位の川崎は次節、10月1日にヴィッセル神戸とのアウェーゲームに臨む。

関連記事(外部サイト)