アトレティコと昨季準決勝以来の激突 バイエルン主将「勝ち点を得ることが重要」

アトレティコと昨季準決勝以来の激突 バイエルン主将「勝ち点を得ることが重要」

アトレティコ戦を前に抱負を語ったバイエルンDFラーム [写真]=Bongarts/Getty Images

 28日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節で、バイエルンは敵地でアトレティコ・マドリードと対戦する。

 バイエルンは昨シーズンのCL準決勝でアトレティコ・マドリードと対戦して2試合合計2−2、アウェーゴール数で敗退となった。失意のセカンドレグから147日後の“再戦”を前に、選手たちが抱負と展望を語っている。クラブの公式HPがコメントを伝えた。

 キャプテンを務める元ドイツ代表DFフィリップ・ラームは「あの準決勝での敗戦を取り返すことはできないよ。今回は勝ち点3を懸けてグループステージで戦うのだからね。アトレティコとのアウェーゲームで勝ち点3を獲得できれば、大いに満足できる。自分たちにとって重要なことは、勝ち点を得ることだ。それができれば、チャンピオンズリーグで良いスタートを切ったと言えるだろう」と抱負を語った。

 また、ドイツ代表DFマッツ・フンメルスは「現在では、アトレティコがサッカー界の最も高い壁の一つになったね。彼らは相手の嫌がる守備を知っている。非常に難しい試合になると思う」とアトレティコ・マドリードへの警戒を語っている。

 昨シーズンのCL制覇を阻まれた相手との“再戦”で、バイエルンは勝利を掴むことができるだろうか。注目の一戦となる。

関連記事(外部サイト)