A・サンチェス、アーセナル加入後100試合の得点数がアンリ氏に匹敵

A・サンチェス、アーセナル加入後100試合の得点数がアンリ氏に匹敵

加入後100試合で47点を挙げたサンチェス(左)と48点を挙げたアンリ氏(右) [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 24日、アーセナルはホームでチェルシーを3−0と撃破した。

 素早いチェックで相手DFの隙を突き、チームに先制ゴールをもたらしたのはチリ代表FWアレクシス・サンチェスだった。

 先制ゴールだけでなく、40分にはドイツ代表MFメスト・エジルにアシストを供給するなど、素晴らしいパフォーマンスを披露したA・サンチェス。

 イギリスメディア『スカイスポーツ』はレーティングでチーム最高タイとなる「9」をつけ、先制点についても「非常に美しい、この上なく優れた」を意味する”exquisite“という形容詞を用いて高く評価した。

 そんなA・サンチェスにとって、このゲームはアーセナルでの100試合目だった。

 記念すべき試合でゴールを挙げ、公式戦での総得点を「47」としたのだが、これはアーセナルのレジェンドである元フランス代表FWティエリ・アンリ氏に匹敵する数字であるようだ。イギリスメディア『BBC』などによれば、アーセナルにおいてアンリ氏が最初の100試合で挙げたゴール数は「48」であったという。

 アンリ氏は2000年代前半にアーセナルの黄金期を支えたストライカーであり、プレミアリーグの得点王に4度輝いている。アーセナルでの通算得点数228は、もちろんクラブレコードだ。

 同氏はアーセナルに加入してから歳を重ねるごとに凄みを増していったため、単純な比較はできないが、この数字はA・サンチェスにとって自信になるはずだ。

 ちなみにアーセナルでアンリに次ぐ得点数を誇る元イングランド代表FWイアン・ライト氏は、最初の100試合で79得点を挙げていたという。

(記事提供:Qoly)

関連記事(外部サイト)