C・ロナウドからユニをもらった ドルトFW、感謝の投稿「息子を喜ばせてくれた」

C・ロナウドからユニをもらった ドルトFW、感謝の投稿「息子を喜ばせてくれた」

C・ロナウド(左)のユニフォームを譲り受け、感謝の投稿をしたオーバメヤン(右) [写真]=Bongarts/Getty Images、NurPhoto via Getty Images

 ドルトムントに所属するガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンが27日に自身のインスタグラムを更新。レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドへ感謝の思いを伝えている。

 オーバメヤンは、息子がC・ロナウドのユニフォームを持った写真を投稿。C・ロナウドのアカウントに宛てて「あなたが息子を喜ばせてくれたよ」と英語で綴っている。

 オーバメヤンとC・ロナウドは27日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節で対戦。ともにフル出場を果たし、試合後にユニフォームをもらったようだ。オーバメヤンはサポーターのもとに挨拶へ向かう際にはユニフォームを着用した状態で、C・ロナウドもユニフォームを着たままロッカールームへ引き揚げているため、両者が交換をしたかどうかは明らかではない。ただ、背番号の横についた汚れから、C・ロナウドが同試合で着用したユニフォームをオーバメヤンが譲り受けたことは間違いなさそうだ。

 リクエストされたものだったのかどうかは定かではないが、世界屈指のスーパースターであるC・ロナウドのユニフォームはオーバメヤンの息子を大いに喜ばせたようだ。同選手自身、レアル・マドリードへの移籍を「子どもの頃からの夢」と以前から表現している。親子ともども、レアル・マドリードやC・ロナウドへの憧れが強いのかもしれない。

関連記事(外部サイト)