W杯予選へ、代表選出のG大阪GK東口が抱負「合宿中の練習から戦っていく」

W杯予選へ、代表選出のG大阪GK東口が抱負「合宿中の練習から戦っていく」

10月のW杯アジア最終予選2試合に臨む代表メンバーに選出された東口順昭 [写真]=Getty Images

 日本サッカー協会(JFA)は29日、2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選のイラク代表戦(10月6日)、オーストラリア代表戦(同11日)に臨む日本代表メンバー26名を発表した。

 ガンバ大阪からはGK東口順昭が選出された。代表選出に際し、同選手はクラブHPを通じて以下のようにコメントしている。

「選出され嬉しく思います。最終予選ということで、まずはチーム、日本としての結果を求め、さらには今回はしっかりと自分自身も結果を残せるように、合宿中の練習から戦っていきたいです。現在U−16、U−19と各カテゴリーにガンバ大阪から選手が選出されています。その誇りとチームメイトの想いを持ってしっかりと戦ってきます」

 現在、同予選グループBの3位につける日本代表は、10月6日に埼玉スタジアムでイラク代表と対戦。同11日には、敵地でのオーストラリア代表戦に臨む。

関連記事(外部サイト)