9月の2連戦はケガの影響で出番なし 柏木「悔しさしか残っていない」

9月の2連戦はケガの影響で出番なし 柏木「悔しさしか残っていない」

浦和レッズから日本代表に選出された柏木陽介 [写真]=Getty Images

 日本サッカー協会(JFA)は29日、2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選のイラク代表戦(10月6日)、オーストラリア代表戦(同11日)に臨む日本代表メンバー26名を発表した。

 浦和レッズから選出されたMF柏木陽介は「日本代表に選出していただき、大変光栄です。9月の最終予選では、途中でケガをして試合に出場することができず、悔しさしか残っていないので、自分らしさを前面に出して、ゴールに絡むプレーを見せたいと思っています」と、負傷の影響で出番のなかった前回の悔しさを晴らしたいとコメント。

「日本の勝利に貢献できるようにがんばってきますので、応援よろしくお願いします」と意気込みを述べている。

 現在、グループBの3位につける日本は、10月6日に埼玉スタジアム2002で5位のイラク代表と対戦。同11日には、首位のオーストラリアと敵地での一戦に臨む。

関連記事(外部サイト)