代表選出の浦和GK西川、埼スタでの“初”勝利へ意欲「最後尾から安定感を」

代表選出の浦和GK西川、埼スタでの“初”勝利へ意欲「最後尾から安定感を」

10月のW杯アジア最終予選に臨むメンバーに選出されたGK西川 [写真]=Getty Images

 日本サッカー協会(JFA)は29日、2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選のイラク代表戦(10月6日)、オーストラリア代表戦(同11日)に臨む日本代表メンバー26名を発表した。

 浦和レッズからはGK西川周作、DF槙野智章、MF柏木陽介が選出された。代表選出に際し、西川は同クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。

「日本代表に選出していただき、大変嬉しく思います。まずは目の前の一試合に集中し、最後尾からチームを鼓舞しながら安定感を与えられるようなプレーを見せられるようにがんばってきます。応援よろしくお願いします」

 西川は9月のW杯アジア最終予選2試合にフル出場。埼玉スタジアムで行われたUAE(アラブ首長国連邦)戦では2失点を喫してしまったが、敵地でのタイ戦では決定機を阻止するなど、無失点で勝利に貢献した。

 現在、同予選グループBの3位につける日本代表は、10月6日にイラク代表と対戦。埼玉スタジアムで最終予選ホーム初勝利を目指す。さらに、同11日には敵地でのオーストラリア代表戦に臨む。

関連記事(外部サイト)