ハリル、苦戦続く海外組を呼ぶしかない状況に苦悩「他に誰を入れるんだ?」

ハリル氏 苦悩の海外組招集

ハリル、苦戦続く海外組を呼ぶしかない状況に苦悩「他に誰を入れるんだ?」

ハリル、苦戦続く海外組を呼ぶしかない状況に苦悩「他に誰を入れるんだ?」

敗れたUAE戦で日本を指揮したハリルホジッチ監督 [写真]=Getty Images

 日本サッカー協会(JFA)は29日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の2試合に臨む日本代表メンバー26名を発表した。会見に臨んだヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、メンバー選考に関して難しさがあったと語った。

 現在、アジア最終予選で1勝1敗とグループBの3位につける日本は、10月6日にホームでのイラク戦、同11日に敵地でのオーストラリア戦を迎える。ハリルホジッチ監督は「この2試合は難しい」と認め、「オーストラリア戦は今シーズン最も難しい試合になると想像している。今のところアジアで最も強い」と、警戒を強めた。

 メンバー選考に関しては、「簡単ではなかった」とコメント。「15人ほど海外組がいて、先発で出ていない選手がいるわけだが、普通の基準でいけば呼べない。しかし、川島、長友、吉田、長谷部、香川、清武、本田、岡崎、宇佐美、武藤を退けるとすると、他に誰を交代で入れるんだ? かなり難しい」と、所属クラブで苦労する主力を招集せざるを得なかった状況を説明した。

 また、選手たちのクラブでの状況や、日程の問題を語るのは言い訳に聞こえるとの指摘には、「言い訳と捉えるのは間違いだ」と、きっぱりと否定。「私の目的は日本のフットボールを向上させること。何をしなければいけないかはわかっている。反対があるのは問題ないが、私の仕事は何ら変わらない」と、語気を強めて主張した。

 さらに、「私がこのメンバーを選んで、良かったのか悪かったのかは試合後にわかる。結果だけが真実。ミスを犯すこともあるし、負けた時は私を批判して欲しい。私の責任ですから」と続け、最後は監督が責任を負うべきだと強調した。

関連記事(外部サイト)