イブラが値千金の決勝弾! マンU、ホームで苦しみながらもEL初勝利

イブラが値千金の決勝弾! マンU、ホームで苦しみながらもEL初勝利

決勝ゴールを挙げたイブラヒモヴィッチ(中央) [写真]=Man Utd via Getty Images

 ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節が29日に行われ、マンチェスター・U(イングランド)とゾリャ・ルハーンシク(ウクライナ)が対戦した。

 15日のELグループステージ第1節で、フェイエノールト(オランダ)を相手に0−1と完封負けを喫したマンチェスター・U。黒星スタートとなり、是が非でも勝利が必要な状況で第2節を迎えた。ジョゼ・モウリーニョ監督は第1節には大幅にメンバーを変更して臨んだが、今節ではMFポール・ポグバやFWズラタン・イブラヒモヴィッチらを先発起用。FWウェイン・ルーニーはベンチスタートだった。

 マンチェスター・Uは20分、フアン・マタの左CKがファーサイドへ流れたところへマーカス・ラッシュフォードが反応。右足ダイレクトで合わせたが、クロスバーを直撃して先制ゴールとはならなかった。さらに39分、敵陣右サイドでのボール奪取からポグバがアーリークロス。ペナルティーエリア内のマタにピンポイントで届いたが、ヘディングシュートは枠を大きく越えた。前半は均衡が破られることなく、スコアレスで終了した。

 0−0で迎えた後半、マンチェスター・Uは66分にセットプレーからの二次攻撃でピンチを迎えたが、GKセルヒオ・ロメロのビッグセーブで事なきを得る。直後の67分、ルーニーが投入されてピッチに立った。

 すると2分後、マンチェスター・Uに先制ゴールを記録する。69分、右サイドの背後へのスルーパスで抜け出したティモシー・フォス・メンサーの折り返しにルーニーが合わせると、高く浮いたボールがペナルティーエリア左奥へ。反応したイブラヒモヴィッチが相手選手との競り合いを制し、上からたたきつける形でヘディングシュートを決めた。

 イブラヒモヴィッチの先制ゴールで均衡を破ったマンチェスター・Uは、85分にルーニーの右CKからマルアン・フェライニがボレーシュートを放ったが、枠の外へ。89分にイブラヒモヴィッチが放った直接FKは相手GKに阻まれた。

 結局、試合は1−0で終了。マンチェスター・Uは1点止まりだったものの、完封に成功して今大会初勝利を挙げ、1勝1敗の勝ち点3とした。次戦は10月2日、プレミアリーグ第7節でストークとホームで対戦。ELの次節は10月20日、フェネルバフチェ(トルコ)をホームに迎える。

【スコア】
マンチェスター・U 1−0 ゾリャ・ルハーンシク

【得点者】
1−0 69分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(マンチェスター・U)

関連記事(外部サイト)