EL連敗で危機感 インテルのパラシオ「相手が勝って当然。もう負けられない」

EL連敗で危機感 インテルのパラシオ「相手が勝って当然。もう負けられない」

パラシオは反撃のゴールを挙げたものの、勝利には結びつかなかった [写真]=Inter via Getty Images

 ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節が29日に行われ、スパルタ・プラハ(チェコ)と日本代表DF長友佑都のインテルが対戦。インテルは1−3と完敗を喫し、グループステージ2連敗となった。長友は遠征に帯同していたものの、ベンチ入りメンバーからは外れている。

 試合後、インテルの元アルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオが敗戦を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 先発出場したパラシオは0−2で迎えた71分、1点差に迫るゴールを挙げた。しかしインテルは6分後に3点目を奪われ、再びリードを広げられて敗れた。

 パラシオは「自分たちのプレーがひどかった。相手が勝って当然だったよ」と反省の弁。ヨーロッパリーグで連敗を喫し、「もっとハードワークをしなければいけない。もう負けられない状況にある。次節では必ず勝って、他の試合結果を見なければいけないね」と続けた。

 ELで連敗スタートを喫してしまったインテル。次戦は10月2日、セリエA第7節でローマとアウェーで対戦する。ELの次節は10月20日、日本代表DF吉田麻也のサウサンプトン(イングランド)をホームに迎える。

関連記事(外部サイト)