アトレティコにまたも離脱者 ゴディンが左足首負傷、バレンシア戦欠場へ

アトレティコにまたも離脱者 ゴディンが左足首負傷、バレンシア戦欠場へ

バイエルン戦後に負傷が判明したアトレティコのゴディン [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードは28日、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンが左足首外側側副じん帯損傷を負ったと発表した。

 発表によると、ゴディンは28日のチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節のバイエルン戦で負傷。同選手はフル出場で1−0での勝利に貢献したものの、試合後の検査で負傷が判明した。

 全治の見通しは発表されていないものの、スペイン紙『マルカ』によると、ゴディンは10月2日のリーガ・エスパニョーラ第7節バレンシア戦を欠場することは決定的となっている。

 アトレティコ・マドリードは25日、アルゼンチン代表MFアウグスト・フェルナンデスが右ひざじん帯断裂、ウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスが右足内転筋損傷を負ったと発表。バイエルン戦で会心の勝利を収めたものの、負傷者が続出する苦しい台所事情となっている。

関連記事(外部サイト)