「自分と日本のプライドを胸に」 代表復帰のGK川島、W杯最終予選へ抱負

「自分と日本のプライドを胸に」 代表復帰のGK川島、W杯最終予選へ抱負

代表復帰を果たした川島永嗣がブログを更新して思いを綴った [写真]=Getty Images

 29日に発表された日本代表メンバーに名を連ねたメス所属のGK川島永嗣が30日に公式ブログ(http://globalathlete.jp/eiji-kawashima/332)を更新。代表復帰の心境と抱負を綴った。

 川島は6月に行われたキリンカップサッカー 2016以来の代表復帰を果たした。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は記者会見で「リーダーの一人として良いスピリットをもたらして、チームの押し上げ役を担ってほしいと期待している」とコメント。精神的支柱としての役割を期待していることを明かした。

 川島は今シーズンから所属しているメスで、リーグ・アン開幕7試合終了時点で一度もベンチ入りしていない。自身の現状について「まだなかなか試合に絡めない今の自分の状況から、日本代表に入るのは容易な事ではないと承知の上で、今はフランスでの挑戦の日々を過ごしています」と綴り、川島は以下のように続けた。

「1日1日が本当の勝負。そんな日々が今この瞬間を充実させてくれているのもまた事実です」

 そして川島は「このW杯最終予選という厳しい戦いにおいて、日本代表の一員として選ばれたこと、そして日本という国を背負った場所に立てることを誇りに思います。自分自身のプライド、日本のプライド、それを胸にこの2試合に臨んでいきたいと思います」と抱負を綴っている。

関連記事(外部サイト)