ELフル出場の瀬戸貴幸、2アシストのトッティに衝撃「さすが王子」

ELフル出場の瀬戸貴幸、2アシストのトッティに衝撃「さすが王子」

29日のヨーロッパリーグで激突した瀬戸(右)とトッティ(左) [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節が29日に行われ、MF瀬戸貴幸の所属するアストラ(ルーマニア)はローマ(イタリア)と対戦し、0−4で敗れた。試合後、フル出場を果たした瀬戸が自身のブログを更新した。

 昨シーズンのルーマニア1部リーグを制したアストラは、ウェストハム(イングランド)をELプレーオフで下し、2016−17シーズンのEL本戦に進出。15日に開催されたグループステージ初戦に敗れた同クラブは、第2節で敵地へ乗り込みローマに挑んだが、大敗に終わった。

 試合を終えた瀬戸は、「完敗でした。これがルーマニアとイタリアの差かな。チームとしてほとんど何もできなかった」と振り返り、実力の差を痛感したことを明かした。

 同試合に出場したローマの元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティは2アシストを記録。40歳となって迎えた初の試合で能力の高さを示した。同じピッチでプレーした瀬戸もトッティの活躍に衝撃を受けた様子で、「40歳だけど、さすが王子。ほとんどワンタッチプレーじゃないかな。ただただ、すげー、と思いました」と称賛の言葉を送った。

 ブログの最後で、「この経験を活かせるように頑張っていきます」と意気込んだ瀬戸。今後の活躍に期待が集まる。

関連記事(外部サイト)