守備面に不安抱えるチェルシー、イヴァノヴィッチがスタメン落ちか

守備面に不安抱えるチェルシー、イヴァノヴィッチがスタメン落ちか

イヴァノヴィッチにスタメン落ちの危機が訪れている [写真]=Chelsea FC via Getty Images

 チェルシーに所属するセルビア代表DFブラニスラフ・イヴァノヴィッチが、スタメンを外れる可能性が浮上した。30日付けのイギリス紙『テレグラフ』が報じている。

 今シーズン、守備面でのミスが相次いでいるチェルシーは、1日にハルとのアウェーゲームに臨む。アントニオ・コンテ監督は0−3と完敗したアーセナル戦からの立て直しを図っており、その一環でイヴァノヴィッチをスタメンから外し、メンバー外とする可能性があるという。同選手はジョゼ・モウリーニョ監督時代から不動の右サイドバックとしてプレーしており、今シーズンもプレミアリーグ6試合にフル出場していた。

 イヴァノヴィッチはチェルシーのオーナーを務めるロマン・アブラモヴィッチ氏と関係が深いと言われてきた。同紙によれば、特別な理由なしにプレミアリーグの試合で同選手がベンチを外れるのは、2011−12シーズン以来となる。それ以降は負傷などで戦列を離れた以外、リーグ戦でベンチを外れたことはないようだ。

 仮にイヴァノヴィッチが外れる場合、スペイン代表DFセサル・アスピリクエタが右サイドでプレーすることになるようだ。左サイドは新加入のスペイン人DFマルコス・アロンソが務めると予想されている。

 チェルシーは現在、リーグ戦でリヴァプール、アーセナルに連敗。昇格組のハルを相手に、なんとしても勝ち点3を持ち帰りたいところだ。

関連記事(外部サイト)