浦和MF阿部、J1通算500試合出場にも謙虚な姿勢「勝ったことが一番」

浦和MF阿部、J1通算500試合出場にも謙虚な姿勢「勝ったことが一番」

J1通算500試合出場を達成した阿部勇樹 [写真]=清原茂樹

 浦和レッズに所属する阿部勇樹が、J1通算500試合出場を達成した。

 10月1日に行われた2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第14節でガンバ大阪と対戦した浦和は、MF高木俊幸やFW武藤雄樹らの得点で4−0と大勝を収めた。

 同試合に先発フル出場した阿部は、このゲームでJ1通算500試合出場の節目を迎えている。試合後、同選手がインタビューに応えた。

 阿部は「今日も、ガンバ大阪という素晴らしい相手の中、これだけ大勢の方に来ていただいて、しかも勝って、まだ祝ってくれてないと思いますけど、これから500試合、祝ってください」と詰めかけたサポーターにメッセージを送った。試合を振り返り「何よりも勝ったことが一番です」と、謙虚な姿勢も示している。

 ジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド千葉)時代のデビュー戦もG大阪が相手だったことについて質問が飛ぶと、「デビュー戦は負けてしまったんですけど、今日はしっかり勝って終われてよかったと思います」とコメントし、最後に「今日で終わりじゃないんで、まだまだ続くので、一緒に戦っていきましょう。よろしくお願いします」と残り3試合に向けサポートを呼びかけた。

 浦和は次戦、5日にJリーグYBCルヴァンカップ準決勝の第1戦でFC東京と対戦する。

関連記事(外部サイト)