最終予選を戦う日本代表、ケガで武藤と宇佐美が不参加に 斎藤学を追加招集

最終予選を戦う日本代表、ケガで武藤と宇佐美が不参加に 斎藤学を追加招集

日本代表に追加招集された齋藤学 [写真]=Getty Images

 日本サッカー協会(JFA)は10月1日、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の2試合に臨む日本代表メンバーの変更を発表した。

 JFAによると、ケガのためにFW武藤嘉紀(マインツ/ドイツ)とFW宇佐美貴史(アウクスブルク/ドイツ)が不参加となる。代わって、FW齋藤学(横浜F・マリノス)が追加招集されることとなった。齋藤は2日のトレーニングから代表チームに合流する。

 追加招集となった齋藤は、現在好調をキープ。所属する横浜FMの攻撃をけん引し、1日に行われた2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第14節のヴァンフォーレ甲府戦では2ゴールをマークした。

 日本代表はアジア最終予選2試合を終えて1勝1敗、勝ち点3で3位となっている。第3節は10月6日、ホーム・埼玉スタジアムでイラク代表と対戦。同11日にはアウェーでオーストラリア代表と激突する。

関連記事(外部サイト)