出場わずか5試合 DFマチューが仏代表引退を表明、W杯予選招集も辞退

出場わずか5試合 DFマチューが仏代表引退を表明、W杯予選招集も辞退

負傷に悩まされ、フランス代表では5試合の出場にとどまったDFマチュー [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するDFジェレミー・マチューが、フランス代表を引退することを表明した。10月1日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。

 現在32歳のマチューは、フランス国内の2クラブでプレーした後、2009年にバレンシアに移籍。5シーズン在籍し、2014年夏にはバルセロナに移籍した。フランス代表としては2011年にデビューを果たしたが、度重なるケガの影響もあってわずか5試合の出場にとどまっている。今年6月から7月にかけて行われたユーロ2016も、負傷のためメンバーから外れていた。

 同選手は、10月に行われる2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選に臨むフランス代表に招集。しかしながら、すぐにディディエ・デシャン監督に引退の意向があることを伝えて辞退し、バレンシアに所属するDFエリアカン・マンガラが追加招集されている。

 フランス紙『レキップ』のインタビューで、マチューは「僕はフランス代表でプレーを続けるモチベーションがない。最終的に、デシャン監督は理解してくれたよ。代表に対して何か思うことがあるわけではなくて、単純にもう続けたいと思えなくなったんだ」と話し、引退に至った経緯を明かした。

関連記事(外部サイト)