ビルバオのDFラポルテがフランス代表に初招集、スペイン代表入りは消滅へ

ビルバオのDFラポルテがフランス代表に初招集、スペイン代表入りは消滅へ

フランスA代表に初招集されたビルバオのラポルテ(左) [写真]=Getty Images

 フランス代表のディディエ・デシャン監督は、10月7日にブルガリア代表およびオランダ代表と対戦するワールドカップ予選に向けたメンバーを発表し、アスレティック・ビルバオのDFアイメリク・ラポルテが初招集された。

 これまでユースの各年代でフランス代表としてプレーし、主将も務めた経験を持つラポルテだが、A代表には招集されたことがなかった。それゆえ、二重国籍を持つスペインでA代表入りの声が掛かる可能性もあったものの、デシャン監督はそれを未然に防ぐためにラポルトを招集した訳ではないことを説明した。

「彼を招集したのは、他の代表に行かれるのを防ぐためではない。彼のことはこれまですっと追って来ており、我々と共に歩む時が訪れたと判断したまでだ。彼がフランス代表でプレーしたくないとは思ってもいなかったが、しようと思えば招集を拒否することもできた。そうしなかったことが、私にとっては全ての説明になる」

 またラポルテ本人も、フランス代表でプレーすることしか考えていなかったようで、初招集に喜びを爆発させた。

「今日はこの上ない1日になった。フランスのA代表でプレーするのはかねてからの夢だったので、招集されて本当に嬉しい。“レ・ブルー”(フランス代表の愛称)のユニフォームを着るのは自分にとって大きな栄誉だ」

関連記事(外部サイト)