岡崎途中出場のレスター、サウサンプトンとスコアレスドロー 吉田は出場せず

岡崎途中出場のレスター、サウサンプトンとスコアレスドロー 吉田は出場せず

リーグ戦3試合ぶりに出場した岡崎だが、不発に終わった [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第7節が2日に行われ、日本代表FW岡崎慎司所属のレスターと、同DF吉田麻也所属のサウサンプトンが対戦した。

 これまで2勝1分け3敗と苦しんでいる昨シーズン王者のレスターが、2勝2分け2敗のサウサンプトンをホームに迎えての一戦。岡崎と吉田はともに先発メンバーから外れ、ベンチスタートとなった。

 最初のチャンスを迎えたのはサウサンプトン。15分、浮き球のスルーパスでエリア内右に抜け出したチャーリー・オースティンが角度のない位置から右足でシュートを狙ったが、ここは惜しくも左ポストを叩いた。

 一方のレスターは30分、相手DFのミスからボールを奪ったジェイミー・ヴァーディがそのままエリア内に侵入したが、GKをかわしにいったところでDFにカットされてしまう。さらに、こぼれたボールをイスラム・スリマニとヴァーディが立て続けに狙ったが、DFのブロックに阻まれ、得点とはならなかった。

 前半アディショナルにはドリブルで持ち上がったリヤド・マフレズがミドルレンジから左足で狙ったが、ここは枠の上に外れた。

 前半はこのままスコアレスで折り返す。

 後半に入り63分、サウサンプトンはオフサイドポジションにいたかに思われたオースティンがエリア内でボールを受けたが審判の笛は鳴らず、GKと一対一に。しかし、ループシュートはGKにキャッチされてしまった。

 レスターは66分、マーク・オルブライトンとヴァーディを下げてデマライ・グレイと岡崎を投入。岡崎にとってはリーグ戦3試合ぶりの出場となった。

 75分には左からのクロスを岡崎が難しい体勢からヘディングで狙う。しかしこのシュートはわずかにゴール右へ逸れた。

 1点がほしいレスターは78分にスリマニを下げてレオナルド・ウジョアをピッチへ送り出したが、残り時間でゴールを割ることはできず、試合はこのまま0−0でタイムアップを迎えた。なお、岡崎は66分から出場し、吉田には出番が訪れなかった。

 次節、レスターは15日に敵地でチェルシーと、サウサンプトンは16日にホームでバーンリーと対戦する。

【スコア】
レスター 0−0 サウサンプトン

関連記事(外部サイト)