アトレティコが首位浮上! レアル足踏み、バルサは2敗目/リーガ第7節

アトレティコが首位浮上! レアル足踏み、バルサは2敗目/リーガ第7節

アトレティコ(左)が首位に浮上し、レアル(右上)は3連続ドロー。バルサ(右下)は2敗目を喫した [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第7節が9月30日から10月2日にかけて行われた。

 リーグ戦では3勝3分けと無敗をキープし、9月28日のチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節ではバイエルンを破ったアトレティコ・マドリードは、敵地でバレンシアと対戦。PKを2本失敗したものの、2−0と快勝した。アトレティコ・マドリードは勝ち点を「15」に伸ばし、首位に浮上している。

 一方、バルセロナはセルタと敵地で対戦し、前半を0−3で終える苦しい展開に。後半に追い上げを見せたが、3−4と競り負けて今シーズン2敗目を喫した。4勝1分け2敗のバルセロナは勝ち点「13」で4位に転落した。

 公式戦3試合連続引き分けと足踏みが続くレアル・マドリードは、MF乾貴士のエイバルをホームに迎えた。開始6分に先制を許し、18分にウェールズ代表FWギャレス・ベイルのゴールで追いついたものの、勝ち越しゴールを奪うことはできず。1−1で引き分け、リーグ戦では3試合連続、公式戦では4試合連続のドローとなった。乾はベンチ入りしたものの、出場機会は訪れなかった。

 また、セビージャはホームでアラベスに勝利。勝ち点を「14」に伸ばして3位に浮上している。日本代表MF清武弘嗣はメンバー外だった。

 リーガ・エスパニョーラ第7節の結果は以下の通り。

■リーガ・エスパニョーラ第7節
レアル・ソシエダ 1−0 ベティス
グラナダ 0−1 レガネス
セビージャ 2−1 アラベス
オサスナ 2−2 ラス・パルマス
デポルティーボ 2−1 スポルティング・ヒホン
バレンシア 0−2 アトレティコ・マドリード
レアル・マドリード 1−1 エイバル
エスパニョール 0−0 ビジャレアル
マラガ 2−1 アスレティック・ビルバオ
セルタ 4−3 バルセロナ

関連記事(外部サイト)