ドルトムントが動物園で子供向けイベント開催、約2万5000人が来場

ドルトムントが動物園で子供向けイベント開催、約2万5000人が来場

ペンギンに餌を上げるゲッツェ

 変わりやすくも心地よい秋空の下、REWE提供によるボルシア・ドルトムント・キッズクラブのイベントがドルトムント動物園で行われ、園内は2万5000人ものドルトムント・サポーターでいっぱいになった。



 動物界のスターと共に子供たちの注目を集めたのは、ドルトムントのアンドレ・シュールレとマリオ・ゲッツェだ。両選手とも長時間にわたってファンとの交流を楽しんだが、シュールレはガウル(インドヤギュウ)の前で1時間のサイン会を実施。記念撮影も楽しんだシュールレは、BVB所属選手の良き伝統を受け継ぎレイヨウのスポンサーになった。



 一方、アマゾンのエリアでは、ゲッツェのサインと記念撮影を待つファンが数百メートルにも及ぶ長蛇の列をつくった。ドイツ代表として世界を制覇したこのMFは、サッカーボールだけでなく動物の取り扱いも得意な様子で、器用にペンギンに直接エサを与えてみせた。

文:ボリス・ルパート

関連記事(外部サイト)