ミランが今冬に中国マネー投下か アトレティコDFゴディンの獲得を検討

ミランが今冬に中国マネー投下か アトレティコDFゴディンの獲得を検討

守備の要として活躍するディエゴ・ゴディン [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 日本代表MF本田圭佑が所属するミランが、今冬の移籍市場でアトレティコ・マドリードのウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンの獲得に動くことがわかった。3日付のスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じた。

 同紙によると、ミランの経営権を獲得した中国資本グループが、今冬の移籍市場からチーム強化に動くという。先ずは、守備の補強に着手し、実績と実力を兼ね備えたセンターバックのゴディンの獲得に向けて3000万ユーロ(約34億円)を投じるものと報じた。

 現在30歳のゴディンは2010年からアトレティコ・マドリードに所属。入団当初から守備の中心選手として活躍している。

関連記事(外部サイト)