アトレティコを支える33歳の主将 MFガビが契約延長へ、セレソ会長が明言

アトレティコを支える33歳の主将 MFガビが契約延長へ、セレソ会長が明言

アトレティコのキャプテンを務めるMFガビ [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードに所属するスペイン人MFガビが、同クラブとの契約を延長する見通しとなった。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が4日に報じている。

 報道によると、アトレティコ・マドリードのエンリケ・セレソ会長がスペインのラジオ局『カデナ・セール』の番組に出演し、ガビとの契約延長を明かした。同会長は「アトレティコ・マドリードでの(プレー)継続で、ガビと合意に至った」とコメントしたという。

 具体的な契約期間などは明らかになっていないが、ガビ自身も「アトレティコに求められるレベルでプレーできる間は、ここに残るよ」と発言していると報じられた。

 ガビは1983年生まれの33歳。アトレティコ・マドリードBで2004年までプレーし、トップチームに昇格した。2007年にはサラゴサへの移籍も経験したが、約4年半後の2011年夏にアトレティコ・マドリードへ復帰。2012−13シーズンからはキャプテンを務めている。昨シーズンはリーガ・エスパニョーラで35試合出場1ゴールを記録。今シーズンもリーガ・エスパニョーラ第7節終了時点で6試合に出場している。

 派手さはなくとも、中盤の柱としてチームを鼓舞する33歳。ディエゴ・シメオネ監督の下で充実のプレーを続けるキャプテンの契約延長は、アトレティコ・マドリードにとって朗報と言えそうだ。

関連記事(外部サイト)