バルサとマンCが関心 アーセナル、ベジェリン移籍阻止へ高額の新契約準備か

バルサとマンCが関心 アーセナル、ベジェリン移籍阻止へ高額の新契約準備か

アーセナルがベジェリンに新契約を準備か [写真]=Arsenal FC via Getty Images

 アーセナルが、スペイン代表DFエクトル・ベジェリンに新契約を準備しているようだ。イギリス紙『デイリーメール』が5日に報じている。

 同紙によれば、アーセナルはベジェリンの代理人と今月下旬に正式な会談の場を持つ予定。同選手の現行契約期間は残り3年となっているが、クラブ側はさらに2年の契約延長を準備しているようだ。現在は週給3万ポンド(約400万円、年俸換算で約2億1000万円)となっているサラリーも大幅に引き上げられる見込みと伝えられている。

 同選手に対しては、バルセロナやマンチェスター・Cが関心を示していると以前から報じられている。アーセナルは好条件での新契約を締結することで、同選手の移籍を阻止したいという意向を持っているようだ。

 ベジェリンは1995年生まれの21歳。2011年夏にバルセロナの下部組織からアーセナルのユースに加入した。2014−15シーズンにトップチームに昇格し、公式戦28試合に出場して2ゴールを記録。昨年7月に「長期間」の契約延長が発表された。昨シーズンはプレミアリーグ全38試合中36試合に出場して1ゴールを記録。出場機会はなかったが、ユーロ2016のスペイン代表にも選出された。今シーズンはプレミアリーグ第7節終了時点で全7試合に先発出場している。

関連記事(外部サイト)