長谷部がW杯予選通算32試合出場 井原氏に並んで歴代最多タイ

長谷部がW杯予選通算32試合出場 井原氏に並んで歴代最多タイ

W杯予選通算32試合目の出場を果たした長谷部誠(写真は9月) [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の第3戦が6日に行われ、日本代表はイラク代表と対戦する。この試合でスタメンに名を連ねたMF長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)がW杯アジア予選最多タイの通算32試合出場に到達した。

 2006年2月10日のアメリカ戦で日本代表デビューを果たした長谷部は、2008年6月2日に行われたオマーン戦(横浜)で初めてアジア予選のピッチに立った。

 これで井原正巳氏(現アビスパ福岡監督)と並んで日本代表通算最多タイとなった。なお、この試合は長谷部にとって日本代表通算では102試合目となる。

関連記事(外部サイト)