ノーゴールも連携面で好感触 岡崎が感じた「自分の役割の重要性」

ノーゴールも連携面で好感触 岡崎が感じた「自分の役割の重要性」

イラク戦にスタメン出場した岡崎慎司 [写真]=瀬藤尚美

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の第3節が6日に行われ、日本代表はイラク代表に2−1で勝利した。先発出場した岡崎慎司が、コメントを残している。

 日本代表は前半に、原口元気が右足のヒールで先制ゴールをマークしてハーフタイムを迎えたが、後半途中に追いつかれると、その後はゴールを奪えない展開が続いた。そのまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイム、FKのこぼれ球を山口蛍がダイレクトボレーでゴールに叩き込んで土壇場で勝ち越しに成功。終了間際の決勝弾で、日本は劇的な勝利を収めている。

 先発出場し75分までプレーした岡崎は、「このまま行ったら1−0で勝てるだろうという戦い方が出来ていたんですけど、1−1になってからは攻めないといけないっていうことで、そこからが結構難しい展開になった。本当に最後の最後まで誰一人として諦めることなく、ベンチも信じていたし、あのゴールが決まった瞬間に、これがW杯予選だなと」と、厳しい展開となった試合を振り返った。その上で「こういうのを制していったチームが結局W杯に出られると思うし、それはどのチームも一緒で、緊迫したゲームだったし、イラクも普通に強かった。こういう接戦を制していかないといけない」と、今後に向けて気を引き締めていた。

 同試合ではトップ下のポジションに香川真司ではなく清武弘嗣が起用された。チームの連携面については「選手同士で距離感を作りながらいい形も増えていたし、失点は残念でしたけど、それ以外ではうまくできたこともあった」と一定の評価を与えた。

 その上で「チームの流れを見ながら動いて、自分の特性と1トップのやり方を照らし合わせて。そこに結局キープするとか、身体を張るっていうところの強さがこのチームには必要なので、そこで優位性をチームにもたらすのが一番かなっていう。相手の裏、先手を取ってキープしたりとか、そういうところが必要」とコメント。「身体を張れたときは、チームはすごくチャンスになるし、自分の役割の重要性を感じましたね。だから点を取りたいっていう気持ちとは裏腹にシュートも打てないかもしれないけど、まず第一でやるのはそういうプレー」と自身が果たすべき役割を挙げている。

 日本は次戦、11日にアウェーでオーストラリア代表と対戦する。岡崎は「オーストラリアだって昔と比べたらヨーロッパで活躍している選手は減ってきていると思うし、自分たちも控えが多いけど、向こうもそこまでの自信を持っていないと思う。本当に接戦になると思うし、お互いにプライドもある。ただ、実力的には五分五分だと思うし、そういう相手に勝っていかないといけない」と意気込みを述べていた。

関連記事(外部サイト)