オフェンス面の“意思統一”が課題 勝利にも冷静な本田「改善が必要」

FW本田圭佑「課題多かった」

オフェンス面の“意思統一”が課題 勝利にも冷静な本田「改善が必要」

オフェンス面の“意思統一”が課題 勝利にも冷静な本田「改善が必要」

イラク戦にスタメン出場した本田圭佑 [写真]=兼子愼一郎

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の第3節が6日に行われ、日本代表はイラク代表に2−1で勝利した。

  日本代表は前半、原口元気が清武弘嗣のパスを右足のヒールで流し込み先制ゴールをマーク。リードしてハーフタイムを迎えたが後半途中に追いつかれると、その後はゴールを奪えない展開が続いた。ドローで試合終了かと思われた後半アディショナルタイム、左サイドからのフリーキックがエリア内でこぼれたところを山口蛍がダイレクトボレーでゴールに叩き込み、土壇場で勝ち越しに成功。日本は2−1で劇的な勝利を収めている。

 先発出場した本田は、先制ゴールの起点となるパスを出したほか、ポスト直撃のヘディングを放つなど存在感を見せた。試合を振り返って「課題は多かったと思います。でも、それを笑って反省できるようなシチュエーションに蛍がしてくれたっていうことで、前向きに受け止めたいなと思いますし、僕自身も2点目、取るチャンスがあったり、その辺の前向きな反省をできるのは勝ちゲームだけなんで、よかったと思います」と、終了間際に勝ち越した試合を振り返った。

 所属するミランでは出場機会に恵まれない日々が続いている。試合前にはコンディションに関して不安視する声もあったが「身体が動いていないという感触は特になかったですけど、決めるときに決めていればとか、細かいところのニュアンスはいくらか反省があります」とコメント。「課題はいつもどおりあるかなと思いますけど、普段試合に出ていないから、特段気になったことはあまりなかったです」と、パフォーマンスへの影響を否定している。

 チームとしての出来に関しては、「本当に組み立ての部分、ポジショニングの部分での課題が多いかな。ここに入れば簡単に崩せるのになっていう場面の意思統一が、本当に改善が必要かなと思います。もっと簡単に崩れると思うんですよね」と攻撃面で改善すべき点があったことを明らかにした。

 日本は次戦、11日にアウェーでオーストラリア代表と対戦する。グループで最大のライバルとなる宿敵との一戦に向けて本田は「想像以上に押されるシチュエーションになると思います。誰かが身体を張って2、3秒キープしただけでもシチュエーションが変わったりとか、ほんと細かいんですけど、意思の疎通というか。阿吽の呼吸みたいなものがないと絶対にアウェーのオーストラリアでは勝点3は取れないと思っています」と述べ、厳しい展開になることを予想していた。

関連記事(外部サイト)