苦しみながらも劇的勝利 先制点アシストの清武「本当にホッとしています」

苦しみながらも劇的勝利 先制点アシストの清武「本当にホッとしています」

イラク戦に出場した清武弘嗣。先制ゴールをアシストした [写真]=Getty Images

 2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選の第3戦が6日に行われ、日本代表はイラク代表を2−1で下した。

 日本は25分、自陣で原口元気がボールを奪うと、パスを受けた清武弘嗣が一気にスピードを上げて持ち上がり、右サイドの本田圭佑に展開。本田を追い越した清武がリターンを受けて折り返したボールを、GKの前に走り込んだ原口がヒールで合わせて先制点を奪った。

 後半に入ると60分にセットプレーから1点を返されたが、後半アディショナルタイム5分に山口蛍がボレーシュートで勝ち越しゴールを叩き込み、劇的な勝利を収めた。

 先制点をアシストした清武は試合後、「本当に勝ってホッとしています」と、安堵の表情を浮かべると、「この前(初戦のUAE戦)と全く同じで、先制したあと取られてしまったのでちょっと嫌な雰囲気だったんですけど、蛍がしっかり最後決めてくれて、まずは本当に安心してます」と続けた。

 ただ一方で、「もっとやらないといけないですし、最終予選は本当に厳しいので、今後もっともっと成長していかなければいけないと思います」と改めて気を引き締め、「本当に次の試合もすごく大事なので、また勝ち点3取れるようにしっかり準備して、また頑張っていきたいと思います」と11日にアウェーで行われるオーストラリア代表戦に向けて意気込んでいる。

関連記事(外部サイト)