マンジュキッチ、30分間でハットトリック! クロアチアがコソボに6発大勝

マンジュキッチ、30分間でハットトリック! クロアチアがコソボに6発大勝

ハットトリックを達成したマンジュキッチ [写真]=UEFA via Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選第2節が6日に行われ、グループIではコソボ代表とクロアチア代表が対戦した。

 9月5日の第1節ではホームでトルコと1−1で引き分けたクロアチア。予選初勝利を目指して臨む今節、先発メンバーにはマテオ・コヴァチッチやイヴァン・ペリシッチ、マリオ・マンジュキッチらが名を連ねた。

 アルバニアで開催された一戦。開始早々、クロアチアが先制に成功した。6分、最終ラインの背後へのスルーパスに反応したマンジュキッチがGKとの1対1を冷静に制し、左足シュートを流し込んだ。

 リードを奪ったクロアチアは24分、左サイドからのクロスにマンジュキッチが反応し、ニアサイドに飛び込む。ダイビングヘッドがGKの手を弾いてゴールへ吸い込まれた。

 さらに35分には、右サイドからのクロスにマンジュキッチが反応。打点の高いヘディングシュートをゴール左隅へ決めた。マンジュキッチは30分間でハットトリックを達成。クロアチアが3点リードで前半を終えた。

 3−0で迎えた後半も、クロアチアは攻撃の手を緩めない。まずは68分、左CKをショートコーナーで始め、ファーサイドへのクロスにマテイ・ミトロヴィッチが反応して右足ボレーで4点目。83分にはペリシッチが最終ラインの背後へ抜け出し、スルーパスを受けると、GKをかわして左足で押し込んだ。

 そしてゴールラッシュの締めくくりはアディショナルタイム、ニコラ・カリニッチがペナルティーエリア手前でパスを受け、鋭い反転から右足シュートをゴール左隅へ決めた。

 試合は6−0で終了。クロアチアが大勝し、予選初白星を収めた。1勝1分けの勝ち点4でアイスランドと並び、得失点差で上回ってグループ首位に浮上している。次節は9日、フィンランドとアウェーで対戦する。

 一方、予選初黒星で1分け1敗となったコソボは次節、9日にウクライナと対戦する。

【スコア】
コソボ代表 0−6 クロアチア代表

【得点者】
0−1 6分 マリオ・マンジュキッチ(クロアチア代表)
0−2 24分 マリオ・マンジュキッチ(クロアチア代表)
0−3 35分 マリオ・マンジュキッチ(クロアチア代表)
0−4 68分 マテイ・ミトロヴィッチ(クロアチア代表)
0−5 83分 イヴァン・ペリシッチ(クロアチア代表)
0−6 90+2分 ニコラ・カリニッチ(クロアチア代表)

関連記事(外部サイト)