カバーニが2発のウルグアイ、ベネズエラに快勝 南米予選首位キープ

カバーニが2発のウルグアイ、ベネズエラに快勝 南米予選首位キープ

2ゴールで勝利に貢献したカバーニ [写真]=LatinContent/Getty Images

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選第9節が6日に行われ、ウルグアイ代表とベネズエラ代表が対戦した。

 第8節を終えて5勝1分け2敗、勝ち点16で首位に立つウルグアイ。ホームでの一戦では、ディエゴ・ゴディンやルイス・スアレス、エディンソン・カバーニらが先発メンバーに名を連ねた。

 先制したのはウルグアイだった。29分、左サイド深くからスアレスがクロスを上げると、緩やかな軌道のボールに反応したニコラス・ロデイロがダイビングヘッド。相手GKの手を弾いたシュートがゴールへと吸い込まれた。

 前半は1−0で終了し、迎えた後半。ウルグアイは開始早々の46分、カバーニがペナルティーエリア手前での競り合いを制して前を向くと、強烈な左足ボレーでゴールネットを揺らした。ウルグアイが2−0とリードを広げた。

 試合を優位に進めるウルグアイは79分、右サイドからのグラウンダーのクロスがファーサイドへ流れたところにカバーニが反応。ダイレクトで合わせて自身2点目、チーム3点目を挙げた。

 試合は3−0で終了。ウルグアイが快勝を収め、勝ち点を19に伸ばして首位を守った。次節は11日、コロンビアとアウェーで対戦。未だに勝利がないベネズエラは同日、ブラジルをホームに迎える。

【スコア】
ウルグアイ代表 3−0 ベネズエラ代表

【得点者】
1−0 29分 ニコラス・ロデイロ(ウルグアイ代表)
2−0 46分 エディンソン・カバーニ(ウルグアイ代表)
3−0 79分 エディンソン・カバーニ(ウルグアイ代表)

関連記事(外部サイト)