不出場組の“思い”がチームの力に 川島「気持ちをどんどん出していかないと」

不出場組の“思い”がチームの力に 川島「気持ちをどんどん出していかないと」

7日のトレーニング後、川島が自身の思いを語った [写真]=瀬藤尚美

 6日に行われた2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選第3戦で、イラク代表を2−1で破った日本代表。劇的な勝利から一夜明けた7日、トレーニングを終えたGK川島永嗣(メス/フランス)が取材に応じた。

 イラク代表戦では、MF香川真司(ドルトムント/ドイツ)やDF長友佑都(インテル/イタリア)と並んでベンチから戦況を見守った川島。控え選手たちの心境について「試合に出られなくて満足する選手はいないと思う。昨日の試合を見ても、真司も佑都もそうだし、そういう選手が(試合に出られないことでの)気持ちを押し隠さないというのは、それはそれでやっぱり、そういう気持ちがあるからまだまだ伸びる部分もあると思う。それは自分自身もそう。もしかしたら、途中から出た(山口)蛍もそうかもしれないです」と、“試合に出たい”という強い思いがポジティブに作用するとの考えを述べた。

「チームとして勝つということが大前提。でも(試合に)出ない選手はそういう気持ちをどんどん、どんどん出していかなければ、さらに強いチームにはなっていかないし、個人個人の成長にはつながらないと思います」

「ただ“仲が良い”グループじゃなくて、誰が出ても本当にそれぞれの120パーセントを出せるように。そういうグループであることが一番だと思う。昨日の試合に出られなくて、悔しくない思いをしていない選手はいないと思うし、それがまた新たなチームの力になっていくんじゃないのかなと思います」

 そして川島は、イラク代表戦でセットプレーから同点ゴールを許してしまったことについて問われ、「相手のFKが多かったというのはありますし、イラクもフィジカル的に強い部分もある。前半もロングボールで相手に競り負けてそこから拾われて、危険なシーンを作られるという場面がありました。フィジカル的な部分が長所じゃないですけど、それを補うようなところをもっと詰めていかなければいけないと思います。自分たちが苦手な部分に蓋をしないで、しっかり向き合っていくというのが大切なのかなと思います」と、自身の考えを明かしている。

 選手個々が“試合に出たい”という強い思いを持つことが、チームの力になると強調した川島。チーム一丸となって臨むアウェーゲームへ向け、日本代表は7日にオーストラリアに出発する。

関連記事(外部サイト)