J2首位の札幌に痛手 今季10ゴールのMFジュリーニョが肉離れで離脱

J2首位の札幌に痛手 今季10ゴールのMFジュリーニョが肉離れで離脱

札幌のジュリーニョが負傷離脱 [写真]=Getty Images

 北海道コンサドーレ札幌は8日、ブラジル人MFジュリーニョが右ハムストリング肉離れと診断されたことを発表した。全治や復帰見込みについては発表されていない。

 ジュリーニョは6日に行われたトレーニングで負傷した。同選手は1986年生まれの30歳。今シーズンから札幌でプレーし、明治安田生命J2リーグ第35節終了時点で30試合に出場、チーム2位の10ゴールを記録している。

 なおジュリーニョは9月に開催されたリーグ戦3試合で2ゴールを記録し、同月度の「明治安田生命Jリーグ 月間MVP」候補にもノミネートされている。

 札幌はJ2リーグ第34節終了時点で22勝8分け4敗、勝ち点74で首位を快走。8日、他会場に先駆けて行われた第35節の水戸ホーリーホック戦でも1−0と勝利を収め、2位松本山雅FCとの勝ち点差を暫定で「10」に広げている。札幌の次節は16日、愛媛FCとのアウェーゲームに臨む。

関連記事(外部サイト)