アトレティコの33歳主将ガビ、契約の1年延長が決定「とても幸せ」

アトレティコの33歳主将ガビ、契約の1年延長が決定「とても幸せ」

契約延長が発表されたアトレティコ・マドリードの主将ガビ [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードは7日、クラブ公式HPを通じてスペイン人MFガビと契約を延長したと発表した。

 同サイトによると、アトレティコ・マドリードはクラブのキャプテンを務めるガビと契約を1年間延長。これにより、同選手との契約期間が2018年6月まで伸びた。

 契約延長に際してガビは、「もう1年、僕の家でのプレーを続けることができるようになってとても幸せだよ。僕はいつも、アトレティコ・マドリードでプレーすることが子供の頃の夢だと言ってきた。だから、このようにクラブで生活させてもらって、もう何も求めることはないよ。僕やチームをサポートしてくれているファンに感謝したい」と喜びのコメントを残した。

 現在33歳のガビは、アトレティコ・マドリードの下部組織出身で2004年にトップチームへ昇格。サラゴサへの移籍を経て2011年に同クラブへ復帰すると、2012−13シーズンからはキャプテンを務めている。ディエゴ・シメオネ監督からの信頼も厚く、今シーズンもアトレティコ・マドリードの中盤を支える同選手は、リーガ・エスパニョーラ第7節終了時点で6試合に出場している。

関連記事(外部サイト)