テーマは「侍」と「忍者」、背番号は漢数字 11月5日開催チャリティーマッチの特製ユニが奇抜

テーマは「侍」と「忍者」、背番号は漢数字 11月5日開催チャリティーマッチの特製ユニが奇抜

「Japan Legends」が着用するユニフォームのイメージ画

 11月5日(土)に前橋市の正田醤油スタジアム群馬で日伊国交150周年ユベントスレジェンドチャリティーマッチが開催。イタリアの名門ユヴェントスのOB選手で編成された「Juventus Legends」(ユベントスレジェンズ)と「Japan Legends」(ジャパンレジェンズ)が対戦する。

 この一戦に元日本代表選手を中心としたジャパンレジェンズは、斬新なユニフォームを着て試合に臨む。ユニフォームは、日本最大級のファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」がデザインを担当。日本ならではの「侍」と「忍者」をイメージした仕上がりとなっている。

 フィールドプレーヤー用のウェアは、侍が戦いの時にまとう甲冑(かっちゅう)をイメージ。ブルーをベースに素材感やつなぎ目の表現など細部までこだわった一着となっている。ゴールキーパー用ウェアのテーマは「忍者」。着物の前合わせや腰には刀のモチーフといったこだわりを見せ、背番号は漢数字表記で「和」を表現している。

 一方のユベントスレジェンズは、チームのオフィシャルユニフォームを着用。ジャパンレジェンズのユニフォームは、当日試合会場で数量限定で販売予定となっている。

 ジャパンレジェンズには、斉藤俊秀、秋葉忠宏、秋田豊、小島伸幸、山口智、水沼貴史、三浦淳宏、鈴木啓太、鈴木隆行、小村徳男、平瀬智行、松原良香、斉藤紀由、アマラオ、氏家英行らが参加予定。ユベントスレジェンズは、ファブリツィオ・ラヴァネッリ、サルヴァトーレ・スキラッチ、ダヴィド・トレゼゲらが来日予定となっている。

 ZOZOTOWNは今年6月に行われたジェフユナイテッド千葉対東京ヴェルディのレジェンドマッチでもユニフォームデザインを担当。前裾をたくし上げて頭にかぶると、千葉のクラブキャラクターのモチーフである「秋田犬」や東京Vの「コンドル」に変身できる斬新なユニフォームなども制作して大きな話題を呼んだ。

関連記事(外部サイト)