敵地でマケドニアに大苦戦も イタリア、インモービレ2発で劇的勝利

敵地でマケドニアに大苦戦も イタリア、インモービレ2発で劇的勝利

イタリアが劇的勝利を飾ってグループ2位に浮上した [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 2018 FIFAワールドカップロシア 欧州予選第3節が9日に行われ、マケドニア代表とイタリア代表が対戦した。

 2連敗を喫してグループGの5位に沈んでいるマケドニアがホームに3位イタリアを迎えての一戦。敵地に乗り込むイタリアはアンドレア・べロッティやチーロ・インモービレらが先発に名を連ねた。

 先制したのはイタリアだった。24分、左からのCKにニアサイドのベロッティが右足ダイレクトで合わせてネットを揺らした。

 だが、後半に入るとマケドニアが反撃に出る。まずは57分、イタリアのミスからボールを奪ったイリヤ・ネストロフスキがドリブルでエリア手前まで持ち込み、右足のシュートで同点ゴールをマーク。さらに直後の59分、再び相手ボールを奪ってカウンターを仕掛けると、エリア手前に流れたルーズボールをフェラン・ハサニが右足ダイレクトでシュート。これがゴール右下に決まり、マケドニアが逆転に成功した。

 追いかける展開となったイタリアは75分、エリア内右に抜け出したアントニオ・カンドレーヴァの折り返しをインモービレが左足で合わせて、再び試合を振り出しに戻す。

 すると2−2で迎えた後半アディショナルタイム1分、再びエリア内右でボールを持ったカンドレーヴァが上げたクロスボールがファーサイドへ。これをインモービレがヘディングで合わせると、ボールはGKの手を弾いてネットを揺らした。

 結局このゴールが決勝点となり、イタリアが苦しみながらも劇的な勝利を飾った。同日行われた試合の結果、スペイン代表がグループGの首位に浮上し、イタリアは2位に順位を上げている。

 次節、マケドニアは11月12日にスペイン代表と、イタリアは同日にリヒテンシュタイン代表と、それぞれアウェーで対戦する。

【スコア】
マケドニア代表 2−3 イタリア代表

【得点者】
0−1 24分 アンドレア・べロッティ(イタリア)
1−1 57分 イリヤ・ネストロフスキ(マケドニア)
2−1 59分 フェラン・ハサニ(マケドニア)
2−2 75分 チーロ・インモービレ(イタリア)
2−3 90+1分 チーロ・インモービレ(イタリア)

関連記事(外部サイト)