ナポリの新エースFWミリクが離脱 代表戦で左ひざ前十字じん帯を断裂

ナポリの新エースFWミリクが離脱 代表戦で左ひざ前十字じん帯を断裂

ミリク(右)は、8日のデンマーク戦で負傷し、長期離脱することになった。 [写真]=NurPhoto via Getty Images

 ナポリは9日、ポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクが負傷離脱することをクラブ公式HP上で発表した。

 ミリクは8日に行われた2018 FIFAワールドカップロシア 欧州予選のデンマーク戦に先発出場したが、前半に負傷し、ハーフタイムで途中交代していた。試合後のMRI検査の結果、左ひざ前十字じん帯を断裂していることが判明し、10日に手術を受けるという。

 クラブは離脱期間を公表していないが、9日付のイタリアメディア『calciomercato.com』は全治に少なくとも4カ月を要するだろうと報じている。

 今シーズンにアヤックスから加入したミリクは、セリエAでここまで4得点を記録し、ユヴェントスへ移籍したアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインの穴を埋める活躍を見せていた。

関連記事(外部サイト)