脳震とうで無念の離脱 「経過は良好」の長友が代表にエール「仲間を信じる!」

脳震とうで無念の離脱 「経過は良好」の長友が代表にエール「仲間を信じる!」

代表離脱を強いられた長友佑都 [写真]=瀬藤尚美

 負傷により、2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選のオーストラリア代表戦(11日、メルボルン)に臨む日本代表メンバーから外れることとなったDF長友佑都(インテル/イタリア)が10日、自身のツイッターを更新。近況を明かし、代表へエールを贈った。

 日本代表は6日、2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選第3節でイラク代表に2−1で勝利。同試合で出場機会のなかった長友は翌7日の練習に参加していたが、トレーニング中に脳震とうを起こしたことが伝えられていた。日本サッカー協会(JFA)は同日に長友の代表離脱を発表した。

 長友は10日にツイッターを更新。「#日本代表 #勝利 #甥っ子 #relaxtime」とハッシュタグをつけてツーショット写真を投稿し、「ミラノに戻ってきて束の間のリラックスタイム。脳震盪の経過は良好です」と自身の近況を報告した。

 そして「今日はいよいよオーストラリア戦です。試合には出られないけど、勝ちたいという想いは変わらない!仲間を信じる!彼らなら必ずやってくれる!」と、代表のチームメイトに向けてメッセージを寄せている。

 日本代表は最終予選第3節を終えて2勝1敗の4位。11日にアウェーでのオーストラリア代表戦に臨む。グループBには同国のほか、UAE(アラブ首長国連邦)、サウジアラビア、イラク、タイが同居。グループ上位2カ国に入れば本大会への出場権獲得となる。

関連記事(外部サイト)