ランパード、監督としての古巣復帰を切望「チェルシーでの仕事だけを望む」

ランパード、監督としての古巣復帰を切望「チェルシーでの仕事だけを望む」

チェルシーへの思いを口にしたランパード [写真]=Getty Images

 MLS(メジャー・リーグ・サッカー)のニューヨーク・シティFCに所属する元イングランド代表MFフランク・ランパードが、古巣チェルシーへの思いを口にした。10日付のイギリス紙『デイリーミラー』などが報じている。

 2001年にウェストハムからチェルシーに加入したランパードは、2014年夏に退団するまで、同クラブで3度のプレミアリーグ優勝に加え、4度のFAカップ優勝、2度のリーグカップ優勝、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグを1度ずつ制覇した。さらに、この在籍期間に奪った公式戦211ゴールという数字は、クラブの歴代最多得点記録となっている。

 退団から2年以上が経過したが、現在もランパードは古巣への情熱を持っているようで、「僕はかつて監督業をやらないと思っていたけど、今はチェルシーへ戻りたいと思っている」とコメント。指揮官として古巣へ帰還したいという希望を明かした。

 「今ライセンスを取っている途中であることが問題だ。時間もかかるし、僕にとってはハードなことだ」と監督になる道のりが困難であることを明かしたランパード。それでも、「引退したらすぐに、僕はライセンスを取って監督になりたい」と指揮官への強い意欲を示した。

 その上で、「でも監督になるというのは困難かもしれない。僕はチェルシーでの仕事のみを望んでいるからね」と続け、チェルシー以外のクラブ指揮官には就かない姿勢を示した。

 自身が「現在世界でトップクラブの一つ」と評価するチェルシーへの復帰を果たすことはできるのか。ランパードの今後のキャリアに期待したい。

関連記事(外部サイト)